Ld_to_mask
 
マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン



前回の記事では、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を主成分とする甘草の漢方薬での位置づけや役割について、書きました。今回は化粧品や薬用化粧品(医薬部外品)における、グリチルリチン酸ジカリウムの配合目的、すなわちメリットについて、書きたいと思います。

グリチルリチン酸ジカリウムが化粧品や薬用化粧品(医薬部外品)に配合される目的は、、抗炎症作用や抗アレルギー作用を期待してのものです。しかし化粧品や薬用化粧品は、皮膚への作用が緩やかであるべきとの法令的な制限により、「肌荒れ防止」という表現となっております。

この場合の「肌荒れ」とは、何らかの外的要因で引き起こされたものとお考えの方が、少なくないようです。もちろんその場合もあるでしょうが、化粧品メーカーが主とする目的は、化粧品や薬用化粧品に含まれている他の美肌成分によって、引き起こされる肌荒れです。

とくに植物成分を豊富に配合している場合は、注意が必要なのです。なぜなら植物成分のの大半はアレルゲンを含んでいると考えられ、お肌に合わない場合が多いのです。そういった場合にグリチルリチン酸ジカリウムがもつ血流抑制作用や自己免疫抑制作用で、肌荒れを抑え込もうということです。

ただし美白化粧水といった宣伝がなされている化粧水の場合は、別の配合目的があるようです。それは多くの女性が恋焦がれる、「美白効果」です。血流を低下させて炎症やアレルギーを鎮静させるわけですから、強力な美白効果があるわけです。ただし美白効果は一時的なもので、時間がたてば元以下に戻ります。アルガアイではこの美白効果を、「偽美白効果」または「疑似美白効果」と呼んでおります。

かつて薬用美白化粧水によるロドデノール白斑事故で、少なからずの方が重篤な肌ダメージを受けてしまいました。じつは、この薬用美白化粧水が厚生労働省で認可される途上で、同成分が配合されることが問題視された事実があります。それがこの、グリチルリチン酸ジカリウムによる美白効果です。血流を止めて美白するのは、本来の美白ではないということで、消費者を欺く危険性を危惧したわけです。もっとも、そのような議論以上の、取り返しのつかない事故となってしまいましたが…。

次回の記事ではいったん、グリチルリチン酸ジカリウムを配合するデメリットについて、考察したいと思います。

2019年2月17日付けcocolog記事より転載

公式サイト内の同内容の記事全文

 

 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
 

公式サイト内の化粧品関連人気・新着記事集》

 
グリセリンとは? 濃グリセリンとは?
 
ピールオフパック vs ピーリングパック

 
アルゲマスクとは? アルゴパックとは?

 
アルゴトリートメントとは?

 
化粧水は弱酸性のほうが優しい?

 
中身は融雪剤と同じ! 超安価なニガリ入浴剤

 
純度99%グリセリン配合は高保湿?

 
USDAオーガニックコスメの無残な実態

 
安全性の高い純石鹸のメリットと選び方

 
化粧品に配合されるブルターニュ産海藻
 
オーガニックコットンパフで美肌効果?
 
 

Algai2013tm 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 
■ 一般ブログ記事 [ アメブロ / ココログ
 

サブ公式サイト

 

FACEBOOK

 

TWITTER

 

GOOGLE
 



Ld_to_mask
 
マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン



前回のグリチルリチン酸2Kに関する記事②では、グリチルリチン酸2Kは甘草エキスの主要成分である等の簡単なご説明をさせて頂きました。今回は漢方薬での甘草の役割や位置づけについて、書きたいと思います。

手作り化粧水の材料を販売するインターネットショップなどでは、「甘草エキスは漢方で使用されて安全!」といった文言が、よく書かれていたりします。はたしてこれは、理由として正しいのでしょうか・・・。

前回の記事でも書いたように、甘草は西洋でだけでなく、東洋医学の漢方薬の長い歴史でも使用されてきました。漢方処方の6~7割に甘草が配合されているため、漢方薬では最も人気の高い成分ということになります。日本では風邪薬としても有名な「葛根湯」にも、しっかりと甘草が配合されています。

配合される目的は、他の薬効成分の効き過ぎにブレーキをかけて弱めたり(解毒作用)、逆に他の薬効を高めるアクセルの働きをしたりと、その処方の調整役的な働きをするようです。またこの甘草が単体で、「甘草湯」としても使用されます。これは咳止めや喉の痛みの緩和の薬として、歴史的に使用されてきました。

日本では漢方薬は、副作用はあまりなく、安全性が高いとみる傾向がありますす。しかしこれは、まったくの誤りです。このような誤った風潮は、何十年も前に大手製薬会社さんがTVCMで、「漢方だから安心」といった誤ったメッセージを送ったことに端を発するようです。それに便乗したように、量販店さんやスーパーさんの医薬品コーナーでは様々な漢方薬が山積み陳列されるといった、プチ漢方薬ブームが到来しました。

しかし量販店さんやスーパーさんで実際に販売していたのは、医薬品に精通していないアルバイト店員さんでさえあったというのが実情で、たいへん危うい状況でした。当然ながら副作用や健康被害は、かなり続出したようです。「良さそうと思って買って服用したら、オシッコが出なくなってしまった…。」などといったお客さんの店員さんへの嘆きの声を、薬品売り場にいる時に耳にした経験があります。

そもそも漢方薬とは、対面販売が基本です。患者さんを椅子に座らせて、薬剤師さんが証」をみます。「証」をみるとは、患者さんの顔色やその時の健康状態や体質はもちろんのこと、体臭までもチェックすることです。そして患者さんに合わせた漢方薬を、処方することになります。そういう緻密な作業を経て、初めて高い安全性が高い漢方薬を、患者さんに提供できるというものです。

ですから「証」が外れた薬を患者さんに提供してしまえば、毒を患者さんに服用させてしまうこととなります。先ほどの日本で人気の葛根湯でさえ、「証」がはずれると風邪を悪化させたり、他の問題を引き起こすとされています。ですからカンゾウエキスの主成分であるグリチルリチン酸2Kも、注意が必要というわけです。ですから先ほどの「漢方だから安心」は誤りであり、少なくとも「漢方は正しく使えば安心」とすべきなのです。

そしてじつはもっと大事な、漢方薬における甘草に関する、破ってはいけない「掟」があります。この「掟」が化粧品業界で破られがちであるから、たいへんな問題さえ発生するのです。次回の記事ではこのあたりについて、書きたいと思います。

公式サイト内の同内容の記事全文

cocologの同内容の記事
アメブロの類似記事

 

 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
 

公式サイト内の防腐剤関連人気記事集》

安全なパラベンフリー化粧品?

ローズマリー葉エキスで時間差肌トラブル

パラベンより安全なフェノキシエタノール?


キャリーオーバーとして隠れた防腐剤


防腐助剤 ブチレングリコールは安全?


化学防腐剤 1,2-ヘキサンジオールは危険?!


天然防腐剤 ヒノキチオールの危険性


天然防腐剤 ラデッシュエクストラクトは安全?


天然防腐剤 カワラヨモギエキスの危険性


天然防腐剤 グレープフルーツ種子は安全?


防腐助剤 オーガニックエタノールの危険性

  
 

Algai2013tm 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 
■ 一般ブログ記事 [ アメブロ / ココログ
 

サブ公式サイト

 

FACEBOOK

 

TWITTER

 

GOOGLE
 



Ld_to_mask
 
マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン



前回の「グリチルリチン酸ジカリウム 平成のまとめ」①の記事では、弊社製品モニターの女性の健康被害をきっかけに、アルガアイがグリチリルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)に注視し始めたことについて書きました。同化粧品成分の薬効の強さ、そして副作用の強さには、本当に驚きました。今回の記事では、この効果や副作用の強いグリチルリチン酸2Kの正体について、夏季たいと思います。

「グリチルリチン酸2K」を英語で表すと、“Glycyrrhizin Dipotassium”となります。そのうちの“Di”(ジ)は数字の「2」を意味し、“potassium”は元素記号でいえば“K”の「カリウム」です。すなわちグリチルリチン酸という物質に、カリウム原子が2個くっついた、化学物質となります。そのため「グリチルリチン酸ジカリウム」または「グリチルリチン酸二カリウム」とも表記されますが、すべて同じ化学物質となります。

化粧品成分として他にも、グリチルリチン酸アンモニウム(グリチリルリチン酸モノアンモニウム)やグリチルレチン酸ステアリルといった似た名称のもがありますが、水溶性や脂溶性の違いや強弱の違いがあるものの、薬理効果は同じです。

このグリチルリチン酸2Kは、マメ科カンゾウ属の甘草(カンゾウ)の、根および根茎から得られるエキスの主成分です。具体的な種としては、ウラルカンゾウ(学名:Glycyrrhiza Uralensis)やスペインカンゾウ(学名:Glycyrrhiza Glabra)挙げられます。学名からもうお気づきだと思いますが、グリチルリチン酸ジカリウムはカンゾウ固有の薬効成分です。そのためカンゾウエキスまたはカンゾウ根エキスも、グリチルリチン酸2Kと同じと考えて、差し支えないでしょう。

手作り化粧水用の材料としてよく販売されているのが、水溶性の「グリチルリチン酸2K」または「グリチリルリチン酸ジカリウム」です。その他にも、「甘草エキス」または「カンゾウエキス」「カンゾウ根エキス」といった名称の、化粧品原料もインターネットショップや実店舗などでも、販売されているでしょう。また保湿クリームやオイルなどに配合するための、脂溶性の「グリチルレチン酸ステアリル」といったものも、販売されていると思います。いずれにしても薬効効果は同じため、これに似た名称の化粧品成分には、十分注意しておくべきでしょう。


次回の記事では我が国でもなじみの深い、漢方薬での甘草の位置づけ等について、書きたいと思います。

 
公式サイト内の同内容の記事全文

cocologの同内容の記事
アメブロの類似記事



Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
 

公式サイト内の化粧品関連人気・新着記事集》

 
グリセリンとは? 濃グリセリンとは?
 
ピールオフパック vs ピーリングパック

 
アルゲマスクとは? アルゴパックとは?

 
アルゴトリートメントとは?

 
化粧水は弱酸性のほうが優しい?

 
中身は融雪剤と同じ! 超安価なニガリ入浴剤

 
純度99%グリセリン配合は高保湿?

 
USDAオーガニックコスメの無残な実態

 
安全性の高い純石鹸のメリットと選び方

 
化粧品に配合されるブルターニュ産海藻
 
オーガニックコットンパフで美肌効果?
 
 

Algai2013tm 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 
■ 一般ブログ記事 [ アメブロ / ココログ
 

サブ公式サイト

 

FACEBOOK

 

TWITTER

 

GOOGLE
 

↑このページのトップヘ