Ld_to_mask
 
公式サイト内のマスク・ダルモールのご紹介ページ

 

前回の記事

今回の記事より、美容液や化粧水等コスメやシャンプー等ヘアケア製品や薬用化粧品に配合される、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)に関する偏ったまたは誤った情報について、書きたいと思いおます。まずは、ニキビ改善効果に関することです。

ニキビを改善することを目的とした薬用化粧水等に、抗炎症作用を期待してグリチルリチン酸ジカリウムがよく配合されます。炎症を抑えて、すでにでき上っているニキビを小さくとどめるということです。しかしニキビケア用薬用化粧水の広告では、抗菌効果や殺菌効果までも宣伝されていることもあります。

グリチルリチン酸ジカリウムを含有する甘草に、静菌や用や抗菌作用があることが、古くから知られています。しかしその抗菌効果の程度はたいへんマイルドであり、それ相応の濃度でなければ抗菌効果を発揮しないでしょう。

しかし法令により、グリチルリチン酸ジカリウムの化粧品や薬用化粧品への配合率は厳しく制限されていて、強力な殺菌効果をもたせることは不可能でしょう。そういいった理由もあるからか、ニキビケア用の薬用化粧水には、一般的にはサリチル酸などの殺菌剤も配合されることになります。


このような薬用化粧水で、もちろんニキビが改善される場合もあるでしょう。しかしニキビがひどく悪化する場合も多々あるようで、これが今回の記事の論点です。

ニキビ対策の医薬品は別として、ニキビケアの薬用化粧水等医薬部外品の一般的な効能効果は、ニキビの炎症を抑えることと、ニキビ菌(アクネ菌)を静菌・殺菌することです。もちろん抗炎症はグリチルリチン酸ジカリウムが担当し、殺菌/静菌はサリチル酸の担当です。

しかしここには、注意喚起されていない、大きな危険性が!

グリチルリチン酸ジカリウムのもつ免疫抑制作用は、もしろん抗炎症として働きますが、同時に菌に対する免疫力も低下させるという働きもします。そういった状況下では、サリチル酸などの静菌剤/殺菌剤でアクネ菌やニキビ菌の繁殖力が弱まったとしても、相対的に皮膚の抵抗力がそれ以上に弱ってしまえば、ニキビ落ち着くどころか、理論上一気に悪化する可能性がでてくることになります。

身体が抵抗力を失うと、体表や体内に潜んでいる常在菌が日和見菌を巻き込んで、一気に体に攻撃をしかけてくることがあります。このような反乱がいったん肌上で起こると、すさまじいことにもなりかねません。それほど日和見菌を敵に回すと、とても厄介なのです。

グリチルリチン酸ジカリウムとサリチル酸等の静菌剤/殺菌剤配合の薬用化粧水で治癒しそうであれば、とくに問題のないことです。しかし肌上の雑菌が暴走するようにニキビが悪化するのであれば、すぐに使用を中止すべきでしょう。そのような悪化を好転反応と言いくるめる販売者もいるようですが、耳を貸すべきではありません。すみやかに受診すべきでしょう。

なお、ニキビ生成に関係するテカリ(皮脂の過剰分泌)の防止や対策に関しては、ニキビ対策について記述した弊社公式サイト内の記事をご覧下さい。洗顔料を洗顔フォーム(合成界面活性剤含有)から純石鹸に切り替えることで、テカリを大幅に抑えることが可能となります。すでに通院中の読者様は、医者様とご相談下さい。


公式サイト内の記事

(分割記事 : アメブロ / ココログ / Facebook)

 

 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3 
Adosusume2_3 
Adosusume3_3 
Adosusume4_4 
Adosusume5b 


アルガアイ流 開いた毛穴ケア術のページ

 
アクアダルモール77ミネラルのページ

 
マスクダルモールのページ

 
 

公式サイト内の防腐剤関連人気記事集》

● 安全なパラベンフリー化粧品?

● ローズマリー葉エキスで時間差肌トラブル

● パラベンより安全なフェノキシエタノール?


● キャリーオーバーとして隠れた防腐剤


● 防腐助剤 ブチレングリコールは安全?


● 化学防腐剤 1,2-ヘキサンジオールは危険?!


● 天然防腐剤 ヒノキチオールの危険性


● 天然防腐剤 ラデッシュエクストラクトは安全?


● 天然防腐剤 カワラヨモギエキスの危険性


● 天然防腐剤 グレープフルーツ種子は安全?


● 防腐助剤 オーガニックエタノールの危険性

  
 

Algai2013tm 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 
■ 一般ブログ記事 [ アメブロ / ココログ ]
 

■ サブ公式サイト

 

■ FACEBOOK

 

■ TWITTER



Ld_to_mask
 
公式サイト内のマスク・ダルモールのご紹介ページ

 

前回の記事

これまでの記事に書いてまいりましたように、お肌を少しでも美しく保ちたいのであれば、グリチルリチン酸2Kグリチルリチン酸ジカリウム)を配合した化粧品や薬用化粧品は、可能な限り使用すべきではありません。しかし今すでにお使いのもので、お肌が極端にまっ白にならない程度の化粧水等であれば、まだ副作用はまだ穏やかであるかもしれません。そこでグリチルリチン酸2K配合品をお使いの方には、危険なので注意すべき点を取り上げたいと思います。


①グリチルリチン酸2K配合化粧品の極端な重ね塗り


化粧水1瓶を数日で使い切る方が、ごくまれにおられます。もしその化粧水にグリチルリチン酸2Kが配合されているのであれば、法令で安全確保のために定められている上限配合量などは無意味となり、たいへん危険です。重ね塗りは、ほどほどにしましょう。



②グリチルリチン酸2K配合化粧品の重複使用


偽美白効果をお好きな方は、とてつもなくグリチルリチン酸2K配合品がお好きな傾向があります。その結果、ご使用の洗顔石鹸や化粧水や乳液や美容液に至るまで、グリチルリチン酸2K配合の場合もあるようです。また薬用化粧品でシリーズ買い/セット購入した場合などは、注意が必要でしょう。せめてグリチルリチン酸ジカリウム配合品は一つにするなどの工夫をしなければ、すっぴん美肌から大きく遠ざかるでしょう。


③グリチルリチン酸2K配合品使用中はピーリングは厳禁!


グリチルリチン酸2K配合化粧水等を長期間使用している場合は、お肌が脆く薄くなる傾向があります。スクラブ剤や薬剤を使用したピーリングは、炎症を引き起こす危険性が高いでしょう。くすんだ角質層も、必要不可欠というわけです。


いろいろと気をつけるべき点は他にもありますが、とくに上記の3点は重要でしょう。


公式サイト内の記事

(分割記事 : アメブロ / ココログ / Facebook)

 

 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3 
Adosusume2_3 
Adosusume3_3 
Adosusume4_4 
Adosusume5b 


アルガアイ流 開いた毛穴ケア術のページ

 
アクアダルモール77ミネラルのページ

 
マスクダルモールのページ

 
 

公式サイト内の防腐剤関連人気記事集》

● 安全なパラベンフリー化粧品?

● ローズマリー葉エキスで時間差肌トラブル

● パラベンより安全なフェノキシエタノール?


● キャリーオーバーとして隠れた防腐剤


● 防腐助剤 ブチレングリコールは安全?


● 化学防腐剤 1,2-ヘキサンジオールは危険?!


● 天然防腐剤 ヒノキチオールの危険性


● 天然防腐剤 ラデッシュエクストラクトは安全?


● 天然防腐剤 カワラヨモギエキスの危険性


● 天然防腐剤 グレープフルーツ種子は安全?


● 防腐助剤 オーガニックエタノールの危険性

  
 

Algai2013tm 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 
■ 一般ブログ記事 [ アメブロ / ココログ ]
 

■ サブ公式サイト

 

■ FACEBOOK

 

■ TWITTER



Ld_to_mask
 
公式サイト内のマスク・ダルモールのご紹介ページ

 

前回の記事

美肌の大敵である血行不全に陥らせる危険性のあるグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)ですが、同化粧品成分配合コスメ/化粧品を使用する方には、いくつかの傾向があるようです。主だったものは、下記のとおりです。


① 美白効果追及志向


とにかく美白効果に強い憧れがあり、美白効果が宣伝されている薬用化粧水等コスメを見つけると、成分などはチェックせずに購入して使ってしまうタイプの方です。もちろんその美白効果は「偽美白効果」なのですが、その効果にぞっこんほれ込んでしまいます。そしてその間はどんどんお肌が劣化し、化粧ののりが悪くなったりお肌がくすんでくることとなります。


② ゴージャス追求志向


たくさんの種類の美肌成分が「贅沢」に配合されているコスメを、選択する傾向がおありの方です。多種多様の化粧品成分が配合されるということは、その分だけアレルギー性皮膚炎等のリスクは高まります。それを抑えるために化粧品メーカとしては、グリチルリチン酸ジカリウムを配合せざるを得なくなるわけです。


③ 乾燥肌等理由による痒み止め志向


全身が乾燥して痒みがある方をターゲットとした、グリチルリチン酸ジカリウム配合の浴用石鹸などが販売されています。また頭皮の痒みの軽減を目的とした、グリチルリチン酸ジカリウム配合の薬用シャンプーなどもあるようです。


今までお客様より頂いたご意見や情報から、上記のようにまとめてみました。不必要なグリチルリチン酸ジカリウムの連用を避けるためには、①過度な美白効果の追及は控え、②できるだけシンプルな配合のコスメを選択し、③保湿は日ごろから心がけておくことが肝要といえるでしょう。(次回の記事へ)


公式サイト内の同内容の記事全文

(分割記事 : アメブロ / ココログ / Facebook)

 

 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3 
Adosusume2_3 
Adosusume3_3 
Adosusume4_4 
Adosusume5b 


アルガアイ流 開いた毛穴ケア術のページ

 
アクアダルモール77ミネラルのページ

 
マスクダルモールのページ

 
 

公式サイト内の防腐剤関連人気記事集》

● 安全なパラベンフリー化粧品?

● ローズマリー葉エキスで時間差肌トラブル

● パラベンより安全なフェノキシエタノール?


● キャリーオーバーとして隠れた防腐剤


● 防腐助剤 ブチレングリコールは安全?


● 化学防腐剤 1,2-ヘキサンジオールは危険?!


● 天然防腐剤 ヒノキチオールの危険性


● 天然防腐剤 ラデッシュエクストラクトは安全?


● 天然防腐剤 カワラヨモギエキスの危険性


● 天然防腐剤 グレープフルーツ種子は安全?


● 防腐助剤 オーガニックエタノールの危険性

  
 

Algai2013tm 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 
■ 一般ブログ記事 [ アメブロ / ココログ ]
 

■ サブ公式サイト

 

■ FACEBOOK

 

■ TWITTER

 

 GOOGLE
 

↑このページのトップヘ