Ld_to_mask

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン
 
 
前回の記事では、本来の目的を逸脱するようなメイクアップやスキンケアは、ナンセンス極まりないと、アルガ・アイ流の主張をさせて頂きました。ここ何年間の間に、急激にアレルギーの多様性が増しています。グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム/カンゾウエキス)配合の化粧水や医薬部外品(薬用化粧水や薬用石鹸等)に含有されている、他の美肌成分にも、充分に注意を払うべきでしょう。
 
これまで、出来合いの化粧品や医薬部外品にグリチルリチン酸2K配合を配合する理由について、いろいろと書いて参りました。また、グリチルリチン酸2Kが配合されることによるデメリットについても、詳しく書いてまいりました。それらをまとめると、おおよそ以下のようになるでしょう。
 
出来合いの化粧品/化粧水や医薬部外品(薬用化粧水や薬用石鹸等)に配合する理由

①配合されている他の化粧品成分等によるアレルギー性皮膚炎や接触性皮膚炎を抑え込む
 
②美白化粧水(薬用化粧水を含む)と美白効果を訴求する製品に血行阻害による病的な美白効果を追加
 
出来合いの化粧品/化粧水や医薬部外品(薬用化粧水や薬用石鹸等)のデメリット
 
①血行阻害による新陳代謝低下により肌の美しさが低下(場合によりセルライト発生)
 
②同時に配合される危険性のある成分を経皮摂取させてアレルギー発症(世代をまたぐ危険性)
 
以上のことから、手作り化粧水を作るのであれば、グリチルリチン酸2Kを要しない安全性の高い成分のみを配合すればよいわけです。できれば保湿効果に優れていて、お肌にミネラルを吸収させるなどして血行を高める、最低でも血行を阻害しない手作り化粧水が、理想といえるでしょう。
 
なぜなら、お肌が潤い血行が充分であれば、お肌は間違いなくキレイになれるからです。化粧水に栄養が含まれていなくても、食事から摂取された栄養がお肌に到達します。無理に皮膚を通しての栄養補給を試みると、あらたなアレルギー発症リスクを伴います。
 
さて、いよいよ次回の記事は、このシリーズの最終回です。
 

 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

 

公式サイト内の人気記事集(best)》
 

●グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ [携帯 /スマホ・パソコン]
 

●エチルヘキサン酸セチルでおでこブヨブヨ [携帯/スマホ・パソコン
 

●1,2-ヘキサンジオールの危険性 [携帯/スマホ・パソコン
 

●フェノキシエタノールはパラベンより安全? [携帯/スマホ・パソコン
 

●ローズマリー葉エキスで重篤な副作用 [携帯 /スマホ・パソコン
 

●危険なパラベンフリー化粧品/化粧水 [携帯 /スマホ・パソコン]
 

●ピールオフパックとピーリングパックの違い [携帯 /スマホ・パソコン
 

●低分子ヒアルロン酸塗り過ぎで顔カビに! [携帯 /スマホ・パソコン]
 

●BG - ブチレングリコールとは?[携帯/スマホ・パソコン

 

 
Algai2013tm 
 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 
■ 一般ブログ記事 [ アメブロ / ココログ
 

サブ公式サイト

 

FACEBOOK

 

TWITTER

 

GOOGLE
 

Ld_to_mask

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン
 
 

前回の記事では、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム/カンゾウエキス)がもつ消炎効果(抗炎症作用)がアレルギー発症をほう助し、世代をまたいで死亡事故につながる可能性について書きました。今回の記事ではこの点について、もっと踏み込んで書きたいと思います。
 
少々理屈っぽくなりますが、そもそもメイクや化粧、そして艶やかにみせるスキンケアは、異性獲得のためだともいわれています。異性獲得の目的はもちろん、子孫繁栄の本能によるものです。少しでも健康で強い子孫を残すために、雌が強い雄を選ぶのは、動物界での常です。人間の女性の場合は、もちろん「強い」以外の要素を異性に求めるわけですが・・・。
 
しかし理想の異性と結ばれるために、キレイになるために何でもお肌に塗り、その結果アレルギーを発症してしまうのは、本末転倒でしょう。前回の記事にも書きましたが、アレルギーは子孫へ受け継がれる可能性があります。そして最悪の場合は、死亡ということです。おおよそ子孫繁栄とは、かけ離れた行いということになりましょう。
 
とにかく注意すべきことは、最近アレルギーが増えてきているということです。いったんアレルギーに陥ると、ご本人への影響だけでなく、まだ見ぬあなたの大切な赤ちゃんへも被害が及ぶ可能性があります。そのためにも、配合されている成分を、しっかり確認しておくべきでしょう。
 
次回の記事では、これまでのまとめについて、書きたいと思います。 

 

 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

 

Algai2013tm

 携帯/パソコン

 

Ld_to_mask

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン
 
 

前回の記事では、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム/甘草エキス/カンゾウ根エキス)と加水分解コムギが配合された薬用石鹸で、小麦アレルギーに陥るまでにグリチルリチン酸2Kが果たした役割について書きました。今回はその続きを、書きたいと思います。
 
前回の記事では、お茶石鹸事件ではアナフィラキシーショックを起こした方はおられたものの、幸いにも死亡事故までには至っていないようだと書きました。しかしそれはあくまでも、その時点のことです。
 
というのも、アレルギーは遺伝するという学説が、支配的になっているからです。端的にご説明すれば、お母さんやお父さんが小麦アレルギーでなくとも、ご本人が小麦アレルギーに陥った場合は、生まれてくるお子さんが小麦アレルギーになる可能性を、引き継ぐことになるということです。
 
そしてそのアレルギーのレベルは、世代をまたぐたびに軽微になるといった、楽観的な様子は見受けられません。むしろ最近のお子さんの小麦アレルギーは重症化にとどまらず、不幸にも死亡事故まで発生している状況です。したがいまして、世代をまたぐと重症化すると考えていたほうが、よいかもしれません。
 
昨今のグリチルリチン酸2Kと加水分解コムギが配合された薬用石鹸で小麦アレルギーの発症まではなかった方は危険性は薄いかもしれません。しかし発症してしまった方は、小麦アレルギー体質という負の財産を、お子さんへ強いることにもなりかねないわけです。国は被害者の現状にとどまらず、長期的なフォローもしていくべきでしょう。
 
以上のようにグリチルリチン酸2Kがもつ消炎作用/抗炎症作用とは、「炎症」という安全装置をお肌から取り外し、死のエキスさえ体内に送り込むことを可能せしめる危険性をはらんでいると、考えるべきでしょう。この危険性を認識した上で、グリチルリチン酸2Kは化粧品や医薬部外品(薬用化粧品/薬用石鹸/薬用化粧水等)に配合されるべきでしょう。
 
消費者の皆さまにおかれても、安易に「美白できる!」といった宣伝に惑わされることなく、またパッケージのデザインや雰囲気でスキンケア製品を選ぶのではなく、配合されている成分に、もっと注意を払うべきでしょう。とりわけ化粧品の場合は「全成分表示」が義務付けられております。これは国が、「成分をちゃんと確かめて使用しなさい。」と消費者に求めている以外の、何物でもありません。
 
次回の記事では、もっと踏み込んで、書きたいと思います。 
 

 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

 

Algai2013tm

 携帯/パソコン

 

↑このページのトップヘ