2016年08月

Ld_to_mask

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン
 
 
この記事で、ヒト型セラミド原液や、ヒト型セラミドを使用した化粧水等の悪口を、書きたいわけではありません。あらかじめ、お断りをさせて頂きます。
 
前回の記事では、プラセンタ原液を手作り化粧水に使用して得られるメリットと、危険性について書きました。今回はセラミドを配合する、メリットとデメリットについて、書きたいと思います。
 

セラミドは、高価な美肌成分としてしられています。セラミドはもともと、角質層などの皮膚の表皮細胞の細胞間に存在し、細胞間の隙間を埋める役割をはたしていて、細胞間資質ともよばれています。このセラミドは細胞から分泌されますが、、加齢とともに分泌量は低下するといわれています。
  

お肌が乾燥している人、たとえば強度なテカリがあったり毛穴が開いている方は、このセラミドが不足しているといわれています。お肌の細胞間が隙間だらけで、お肌の保水力が低下している状態です。さらに大変なのは、その隙間から雑菌や化学物質/刺激物などが肌内部に侵入し、様々な肌トラブルが生じやすくなります。肌バリアが十分でない皮膚疾患の代表例は、アトピー性皮膚炎や脂漏性湿疹などです。
 

乾燥肌の方が肌バリアを高めるために、セラミド原液を配合した化粧水をしばしば作るようです。弊社は手作り化粧水材料(アクア・ダルモール77ミネラル)を販売している関係上、お電話や百貨店さんでの店頭販売時に、自称「超敏感肌」のお客様とお話しする機会が多くあります。やはりセラミドを使用した手作り化粧水をお使いになったお客様も少なからずおられるのですが、皮膚炎などの肌トラブルさえ生じることが少なくないようです。
 

セラミド自体は本来潤い美肌効果に優れていて、ヒト型セラミド以外の型であっても危険性は低いようです。しかし問題は、添加物です。前回の記事のプラセンタエキスと同様に、セラミドは腐敗しやすい化粧品成分です。ヘキサンジオールやフェノキシエタノールやパラベン等の化学合成防腐剤の他に、接触性皮膚炎の危険性のあるBG(ブチレングリコール)等が、それなりの濃度で配合されています。
 
そしてイチバン注意すべきは、セラミド抽出の際に使用されたエタノールがキャリーオーバーとして残留している、粗悪なアルコール入りのセラミド原液でしょう。エタノールはお肌を乾燥させる効果があり、こうなってしまえば本末転倒です。とくにアトピー肌には、タブーでしょう。
 
以上のことから、それなりにお肌が強ければ、セラミド原液は乾燥肌対策として、とても有効でしょう。しかしお肌が弱いまたは敏感肌の場合は、そもそも何の目的で手作り化粧水を作り始めたかを思い出し、慎重になるべきでしょう。化学合成防腐剤だけでなく、エタノールやBGなどの溶剤/保湿剤で肌トラブルが生じる方は、決して少なくありません。
 
ここでアルガ・アイ的なご提案ですが、そこまでリスクを冒してまでセラミドをお肌にチャージしたいのでしたら、まずは肌内部のセラミドを大切にすべきであると、アルガ・アイは考えます。
 
まず第一に、合成洗剤でお肌が乾燥してしまう方は、合成洗剤を使用しないことです。合成洗剤とは、たとえばクレンジングオイルや洗顔フォームです。それらの合成洗剤をお使いで、毛穴の開きが目立つ方は要注意です。お肌が極度な乾燥にみまわれています。
 
純石鹸とちがって合成洗剤は、角質層内に簡単に侵入することが可能で、セラミドを洗い流してしまいます。ご年齢にもよるでしょうが、合成洗剤のご使用を中止するだけでも、毛穴の開きは改善できるようです。
 
そしてもうひとつは、肌内部でセラミドを合成させることです。出来上がるセラミドはもちろんヒト型セラミドであり、これほど合理的なことはないでしょう。次回の記事ではこのあたりについて、書きたいと思います。
 

  

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

 
【 公式サイト内の人気記事&手作り化粧水関連記事 】
  
●グリセリンとは? 濃グリセリンとは? [携帯/スマホ・パソコン

 
●グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ [携帯
/スマホ・パソコン]

 
●エチルヘキサン酸セチルでおでこブヨブヨ [携帯
/スマホ・パソコン

 
●化粧品の防腐対策アレコレ [携帯
/スマホ・パソコン]

 
●化粧品の防腐剤 パラベン vs フェノキシエタノール [携帯
/スマホ・パソコン

 
●無添加化粧品の甘いワナ [携帯
/スマホ・パソコン]
  
●ローズマリーエキスによるアレルギーの危険性 [携帯
/スマホ・パソコン

 
●低分子ヒアルロン酸塗り過ぎで顔が水虫に [携帯 /スマホ・パソコン
 
●化粧水は弱酸性がお肌に優しい? [携帯
/スマホ・パソコン]

 
●BG - ブチレングリコールとは?[携帯 /スマホ・パソコン

 
●手作り化粧水用の防腐剤 ラディッシュエキスの安全性 [携帯 /スマホ・パソコン
  

●手作り化粧水用の防腐剤 ヘキサンジオールの安全性 [携帯 /スマホ・パソコン

 

●手作り化粧水用の防腐剤 カワラヨモギエキスの安全性 [携帯 /スマホ・パソコン
  
 
Algai2013tm 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 

Ld_to_mask

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン
 
 
この記事で、プラセンタエキスの悪口を、書きたいわけではありません。あらかじめ、お断りしておきます。
  
前回の記事では、手作り化粧水にグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)を手作り化粧水に配合するメリットとデメリットについて書きました。今回はプラセンタエキスやプラセンタ原液を手作り化粧水にブレンドする、メリットと危険性について、書きたいと思います。
 
プラセンタとはご存知のように、胎盤のことです。胎児が健康にすくすく育つように、胎盤には栄養がぎっしりと詰まっているために、化粧品の美肌成分としても広く配合されています。今話題のEGFなどの天然の成長因子等も含まれており、抗加齢成分としては素晴らしものであると思います。
 

もちろんこの美肌成分で若返り効果を得た方もいらっしゃるようですが、逆に接触性皮膚炎などを生じて逆効果出会った方も少なくないようです。プラセンタ自体は腐りやすいという難点もあり、フェノキシエタノールやパラベン等の防腐剤やBG(ブチレングリコール)などの刺激物が高濃度で配合されている場合が多く、それが原因である可能性があるようです。
 

弊社は手作り化粧水の原料「アクア・ダルモール77ミネラル」を販売していますが、そのほとんどの方は自称「超敏感肌」「乾燥性敏感肌」の方が多く、プラセンタエキスに関する活きた情報をたくさん頂戴します。あくまでも私がお客様から聞く限りでは、お客様はプラセンタエキスから良い結果は得ることができなかった場合が多いようです。
 

そして防腐剤以上に気になったのは、エタノール(アルコール)等の刺激物が紛れ込んでいる点です。エタノールは乾燥肌や敏感肌、そしてアトピー性皮膚炎の方にはタブーと言い切ってよいほどの厄介者です。エタノールが肌細胞と結びつくため、その結果水分はお肌から奪われてしまうからです。
 

このエタノールは、いわゆるキャリーオーバー成分であり、プラセンタから有効成分を抽出するために使用された残骸です。プラセンタエキスを手作り化粧水にご利用されるのであれば、このあたりに最も注意をはらうべきでしょう。どんなに優れた美肌成分であっても、それで肌荒れが生じてしまえば本末転倒です。
 
プラセンタエキス自体は、優れた美肌成分であるかもしれません。弊社の経験で良い結果が得られたなった理由は、弊社にお問い合わせを頂くお客様の多くが、アルコールやBG等の刺激物に対して、超敏感肌であったからなのではと思います。
 
ですから、ある程度お肌が強い方であれば、プラセンタエキス原液は問題なく使え、お肌がキレイになるかもしれません。しかしお肌が弱い方やアレルギー体質の方は、慎重になるべきでしょう。
 

なお弊社の手作り化粧水「アクア・ダルモール77ミネラル」でのオススメレシピでは、できるだけ安全性を高めたいということから、プラセンタエキスのご使用はオススメしておりません。
  
次回の記事では、ヒト型セラミド原液を手作り化粧水に加えるメリットと安全性について、書きたいと思います

 

 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

 
【 公式サイト内の人気記事&手作り化粧水関連記事 】

 

グリチルリチン酸ジカリウムで肌がくすむ!

   
グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

 
エチルヘキサン酸セチルで額がブヨブヨ

 
パラベンより安全なフェノキシエタノール?

 
安全性が高いパラベンフリー化粧品?

 
ローズマリーエキスによる時間差肌トラブル

 
低分子ヒアルロン酸を塗り過ぎて顔カビに!

 
1,3-ブチレングリコール(BG)とは?

 
手作り化粧水にBGを使用する危険性

 
手作り化粧水にナノヒアルロン酸を使用する危険性

 
1,2-ヘキサンジオールが安全だと誰が言い出した?

 
USDA認証オーガニックコスメの実態
 
 

Algai2013tm 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 
■ 一般ブログ記事 [ アメブロ / ココログ
 

サブ公式サイト

 

FACEBOOK

 

TWITTER

 

GOOGLE
 



Ld_to_mask

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン
 
 
前回の記事では、手作り化粧水に甘草エキスを加える危険性について書きました。今回はグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)を手作り化粧水に配合するリスクについて、書きたいと思います。
 
じつはグリチルリチン酸2Kとは、前回の記事の甘草エキスの主要有用成分です。他に加える成分の安全性が高いのであれば、グリチルリチン酸2Kを加える必要はないでしょう。
 
甘草エキスもグリチルリチン酸2Kも、副作用により少なからずお肌の美しさは失われます。これらの成分を配合した手作り化粧水をお肌に塗布すれば、血行を阻害して一時的に病的な美白効果を得ることはできますが、しばらくすれば元に戻ります。そして元に戻るまでの間は、お肌の新陳代謝はストップしているというわけです。新陳代謝が阻害されると、間違いなくお肌の美しさは失われます。
  
次回の記事では、手作り化粧水にプラセンタエキスを加えるメリットと危険性について、書きたいと思います。

 
 
 

 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

 

Algai2013tm

 携帯/パソコン

 


Ld_to_mask

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン
 
 
前回の記事では、海藻エキスを配合する、メリットと安全性/危険性について書きました。今回は手作り化粧水に、甘草エキスを加えるメリットと危険性/安全性について、書きたいと思います。
 
甘草とはマメ科カンゾウ目の植物で、痩せた土壌でも育つことから、世界各地で自生しています。主として茎や根に有用成分が多いとされ、その乾燥体やエキスは漢方薬として利用されてきました。また砂糖とは比較にならないほどの甘味があることから、甘味料としても重宝されてきました。
 
薬品としての代表的な利用目的は、消炎です。優れた消炎作用が鎮咳作用により、咳込むような風邪には有効な薬草です。比較的安全性が高いとされ、大量摂取や長期連用しない程度においては、それほど危険性のないものとされています。
 
外用においては、やはり消炎効果に優れています。薬用化粧水等に配合され、肌荒れを抑えることも可能です。消炎効果をもたらす成分は、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)です。
 
長期連用を想定した化粧水においても、甘草エキスは使用されます。ただし配合量は、薬用化粧水に比べてかなり低めです。配合目的は、配合されている他の成分がアレルギーを起こしそうになった時に、その症状を抑え込むことです。ですから手作り化粧水に、アレルギーを引き起こすリスクのあるさまざまなボタニカル成分など加えない場合は、甘草エキスを加える必要はないでしょう。
 
なぜなら、いくら低めの配合といっても、確実に血行を阻害し、新陳代謝を妨げます。ですからお肌は、透明肌から確実に遠ざかります。一時的にお肌が美白されるのは、それは血行が阻害されているだけで、しばらくすれば元に戻ります。いわゆる「ステロイド様作用」によるものです。
 
もし甘草エキスを高配合してしまった場合は、肌の下に浮腫(脂肪と老廃物で構成)を造成する危険性もあります。甘草エキスを使用する場合は、くれぐれも配合量にご注意下さい。
 
なお弊社が販売している手作り化粧水用材料の「アクア・ダルモール77ミネラル」の場合は、お薦めレシピでは甘草エキスやグリチルリチン酸2Kの使用を、絶対にオススメしておりません。血行や新陳代謝を促すことこそが、透明肌への近道であると考えています。
 
次回の記事では、甘草エキスの関連物質を手作り化粧水に加える危険性について、書きたいと思います。
 
 
 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

 
【 公式サイト内の人気記事&手作り化粧水関連記事 】
  
●グリセリンとは? 濃グリセリンとは? [携帯/スマホ・パソコン

 
●グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ [
携帯 /スマホ・パソコン]

 
●エチルヘキサン酸セチルでおでこブヨブヨ [
携帯/スマホ・パソコン

 
●化粧品の防腐対策アレコレ [
携帯 /スマホ・パソコン]

 
●化粧品の防腐剤 パラベン vs フェノキシエタノール [
携帯/スマホ・パソコン

 
●無添加化粧品の甘いワナ [
携帯 /スマホ・パソコン]
  
●ローズマリーエキスによるアレルギーの危険性 [
携帯 /スマホ・パソコン

 
●低分子ヒアルロン酸塗り過ぎで顔が水虫に [携帯 /スマホ・パソコン
 
●化粧水は弱酸性がお肌に優しい? [
携帯 /スマホ・パソコン]

 
●BG - ブチレングリコールとは?[携帯 /スマホ・パソコン

 
●手作り化粧水用の防腐剤 ラディッシュエキスの安全性 [携帯 /スマホ・パソコン
  

●手作り化粧水用の防腐剤 ヘキサンジオールの安全性 [携帯 /スマホ・パソコン

 

●手作り化粧水用の防腐剤 カワラヨモギエキスの安全性 [携帯 /スマホ・パソコン
  
 
Algai2013tm

Ld_to_mask

マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン


 
 
前回の記事では、海藻抽出成分であるアルギン酸Naを手作り化粧水にブレンドする、メリットと安全性/危険性について書きました。今回はフコイダンを手作り化粧水に配合する、メリットと危険性/安全性について書きたいと思います。
 
フコイダンとはアルギン酸Naと同様に、コンブやワカメに代表される褐藻類に含まれるヌルヌル成分で、保水力に優れています。洗顔石鹸などに使用されることがありますが、粘り気をおおいに増加させることが可能です。
 
やはりアルギン酸Naと同様に、保水力といっても肌上のことであり、角質層内のことではありません。フコイダンも分子が大きいために、皮膚へは浸透しません。もし分子を小さく分解すれば、それはフコイダンではなくなります。やはり乾燥肌対策としては、保湿効果に乏しいといえるでしょう。
 
安全性についてですが、アルギン酸と同様に、フコイダンは安全性がかなり高く低刺激であり、乾燥性敏感肌でも危険性はまずありません。
 
今回で海藻成分配合に関する記事をいったん終え、次回の記事では他の成分の配合について、書きたいと思います。
 
 

Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 

 
【 公式サイト内の人気記事&手作り化粧水関連記事 】

 

グリチルリチン酸ジカリウムで肌がくすむ!

   
グリチルリチン酸2Kでお肌デコボコ

 
エチルヘキサン酸セチルで額がブヨブヨ

 
パラベンより安全なフェノキシエタノール?

 
安全性が高いパラベンフリー化粧品?

 
ローズマリーエキスによる時間差肌トラブル

 
低分子ヒアルロン酸を塗り過ぎて顔カビに!

 
1,3-ブチレングリコール(BG)とは?

 
手作り化粧水にBGを使用する危険性

 
手作り化粧水にナノヒアルロン酸を使用する危険性

 
1,2-ヘキサンジオールが安全だと誰が言い出した?

 
USDA認証オーガニックコスメの実態
 
 

Algai2013tm 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 
■ 一般ブログ記事 [ アメブロ / ココログ
 

サブ公式サイト

 

FACEBOOK

 

TWITTER

 

GOOGLE
 



↑このページのトップヘ