Ld_to_mask
 
マスク・ダルモールのご紹介ページへ [携帯/スマホ・パソコン



前回の記事では、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)を主成分とする甘草の漢方薬での位置づけや役割について、書きました。今回は化粧品や薬用化粧品(医薬部外品)における、グリチルリチン酸ジカリウムの配合目的、すなわちメリットについて、書きたいと思います。

グリチルリチン酸ジカリウムが化粧品や薬用化粧品(医薬部外品)に配合される目的は、、抗炎症作用や抗アレルギー作用を期待してのものです。しかし化粧品や薬用化粧品は、皮膚への作用が緩やかであるべきとの法令的な制限により、「肌荒れ防止」という表現となっております。

この場合の「肌荒れ」とは、何らかの外的要因で引き起こされたものとお考えの方が、少なくないようです。もちろんその場合もあるでしょうが、化粧品メーカーが主とする目的は、化粧品や薬用化粧品に含まれている他の美肌成分によって、引き起こされる肌荒れです。

とくに植物成分を豊富に配合している場合は、注意が必要なのです。なぜなら植物成分のの大半はアレルゲンを含んでいると考えられ、お肌に合わない場合が多いのです。そういった場合にグリチルリチン酸ジカリウムがもつ血流抑制作用や自己免疫抑制作用で、肌荒れを抑え込もうということです。

ただし美白化粧水といった宣伝がなされている化粧水の場合は、別の配合目的があるようです。それは多くの女性が恋焦がれる、「美白効果」です。血流を低下させて炎症やアレルギーを鎮静させるわけですから、強力な美白効果があるわけです。ただし美白効果は一時的なもので、時間がたてば元以下に戻ります。アルガアイではこの美白効果を、「偽美白効果」または「疑似美白効果」と呼んでおります。

かつて薬用美白化粧水によるロドデノール白斑事故で、少なからずの方が重篤な肌ダメージを受けてしまいました。じつは、この薬用美白化粧水が厚生労働省で認可される途上で、同成分が配合されることが問題視された事実があります。それがこの、グリチルリチン酸ジカリウムによる美白効果です。血流を止めて美白するのは、本来の美白ではないということで、消費者を欺く危険性を危惧したわけです。もっとも、そのような議論以上の、取り返しのつかない事故となってしまいましたが…。

今回の記事では、グリチルリチン酸ジカリウムの配合目的、すなわちメリットについて、述べてまいりました。次回の記事では、同成分のメリットと比較しながら、デメリットについて考察したいと思います。

2019年2月17日付けcocolog記事より転載

公式サイト内の同内容の記事全文


Trial_bunchu01

 
タラソテラピーお試しセットのページ [携帯/スマホ/パソコン

 
 

Adosusume1e_3
Adosusume2_3
Adosusume3_3
Adosusume4_4
Adosusume5b


公式サイト内の拡大図

 
■アクア・ダルモール77製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
■マスク・ダルモール 製品ページ[携帯/スマホ・パソコン

 
 

公式サイト内の化粧品関連人気・新着記事集》

 
グリセリンとは? 濃グリセリンとは?
 
ピールオフパック vs ピーリングパック

 
アルゲマスクとは? アルゴパックとは?

 
アルゴトリートメントとは?

 
化粧水は弱酸性のほうが優しい?

 
中身は融雪剤と同じ! 超安価なニガリ入浴剤

 
純度99%グリセリン配合は高保湿?

 
USDAオーガニックコスメの無残な実態

 
安全性の高い純石鹸のメリットと選び方

 
化粧品に配合されるブルターニュ産海藻
 
オーガニックコットンパフで美肌効果?
 
 

Algai2013tm 
アルガ・アイ 公式ホームページ [携帯/スマホ・パソコン
 
■ 一般ブログ記事 [ アメブロ / ココログ
 

サブ公式サイト

 

FACEBOOK

 

TWITTER

 

GOOGLE